ワンデーカラコンが安全だと言われる訳

ワンデーカラコンはよく、ワンイヤーカラコンなどの長期連続使用可能なカラコンよりも、
安全と言われることがあります。
しかし、それはどうしてなのでしょうか?
なぜ長期連続使用可能なレンズよりも安全と言われているのでしょうか?
今回はその理由について取り上げてみました!
ワンデーカラコンが安全と言われているのは、
まず、1日だけの使い捨てのカラコン、という点があります。
どうして一日だけの使い捨てのカラコンが安全なのかというと、
まず使い捨てなのでレンズケアが必要ないからです。

 

レンズケアというのは、長期連続使用可能なカラコンに必要な衛生管理のことです。
通常ワンデーカラコン以外のマンスリーやワンイヤーなどのカラコンは、
使い捨てではないので、使ったあとに洗浄して、消毒、保存する、
という一連のケアが必要になります。
それを怠ると、レンズに傷かついてしまったり、汚れが付着したままになってしまったり、
目にトラブルを招く原因となることもあるのです。
なので、このレンズケアが不必要なワンデータイプのカラコンは、
とても衛生面では良いといえます。

 

「一日使ったら捨てる」
これをきちんと守るだけで、衛生面は安心なんです。
ですが、これを破ると全然安心ではなくなります。
よく、ワンデーカラコンは一日だけで捨てるのはもったいないと、
一日以上使ってしまう方も少なくありません。
もったいない、という理由はよく分かるのですが、
この「一日使ったら捨てる」というルールを破るということは、
一日だけ保障されている、衛生面は保障されないわけです。
まずこのルールを破ると、レンズが傷つきやすくなります。
レンズが傷つきやすくなると、レンズが破けてしまったり、
傷ついたレンズを使い続けることで、自分の目を傷つけてしまうこともあります。
また、レンズに汚れが付着しやすくなります。

 

ワンデーカラコンは通常1日使ったら捨てるものですが、
それを無理やり洗って使い続けると、
レンズに汚れが付着したままになっていたり、汚れが付着しやすくなったりします。
というのも、ワンデーカラコンには洗浄機能がついていないからです。
洗浄機能がついていない、ということは、
ワンイヤーやマンスリーのように、洗浄するのに向きません。
ワンデーカラコンをレンズケアすることで、
逆に衛生面を低下させてしまうことにもなるので、
「使ったら捨てる」の原則をきちんと守るようにしましょう。
それさえ守れば、ワンデーカラコンはカラコン初心者にも安全なアイテムです★
カラコンデビューしたい方は、是非ワンデータイプから初めてみてはいかがでしょうか?