今時のメザイクとは

皆さんは「メザイク」使ってますか?
男性の方には馴染みのない言葉かと思いますが、
メザイク、というのは二重形成商品の名前なんです。
正式には「MEZAIK」という名前で、二重になるための、
ファイバー素材を利用したテープのようなもので、
二重を作り出すためのアイテムです。
もとは商品名が発祥の言葉ですが、最近では
目に細工をする、という意味でも使われているように思います。

 

もともと一重の方が二重のパッチリな目になる、
というのは、やはりメイク無しでは整形以外に方法はないでしょう。
そこで、メイクで細工をして、自分の理想の目を作り出すのが「メザイク」で、
まさに職人業のようなテクニックで、自分がなりたい目を作り出すことが出来ます。
確かに女の子なら二重って憧れますよね。
かくいう私も奥二重で、「二重になりたい、二重になりたい」と思う日がありましが・・・
今はあまり気にしてません。笑
ですが、もしなれるのなら、なりたいもの、
ということで、「MEZAIK」のような二重になれる商品が大活躍するわけです。

 

ところで、最近の女の子たちって、
一体どのような目の細工をしているのでしょうか?
まず考えられるものとしては、

  • つけまつげ
  • 二重にするテープなどの二重形成アイテム
  • アイライン
  • アイシャドウ
  • カラコン

大体の女の子がこういったものでアイメイクをしているのではないでしょうか?
特に近年ではデカ目メイクがまだまだ流行しているようなので、
こういった上記のアイテムは若い女の子の間では欠かせない必需品となっているようです。

 

では一方で女の子の理想の瞳、というのはどういった目なのでしょうか?

  • 長いまつげ
  • ぱっちり二重
  • 大きな瞳

といった感じだと思います。
長いまつげは「つけまつげ」で実現し、
大きな瞳は「カラコン」で。

 

そして二重にするのには・・・
やはり人気アイテムの「MEZAIK」です!
「MEZAIK」の特徴としては、のり剤タイプのものもあるのですが、
ファイバー材を使ったものが圧倒的に人気のようです。
のり剤タイプのものは、まぶたに塗ってくっつけて二重を作ることができるんだな、
ということがイメージできますが、ファイバー材のものは、一体どのようにして使用するのでしょうか?
それは、まぶたにファイバー材を食い込ませて、
二重のラインを作り出す、というものです。
ファイバーはテープのようになっているので、
自分の好きなまぶたの部分にしるしをつけて、
「MEZAIK」を使ってまぶたに食い込ませて、
二重ラインをつけてあげると、ファイバー材がくっついて、
自然な二重ラインを維持してくれる、というものなんです。
これは確かに簡単に二重になれそうですよね。
しかも二重にした上から、アイシャドウやアイライナーを引いていくので、
上手くメイクすれば、元から二重だったかのような、

自然な二重を演出してくれます。
このように、最近ではデカ目メイクがまだまだ主流ですので、
女の子たちのメイクアイテムも、日々進化しているわけですね!
二重になりたい方は要チェックのアイテムですよ★