保管可能期間についての注意点

カラコンには様々なタイプがありますよねー。
一日だけの使い捨てのワンデータイプ、
もしくは1ヶ月間使用できるマンスリー、
それよりも長い1年間の使用ができるワンイヤータイプのカラコンもあります。
このようにカラコンには使用期限、というものがあります。
ワンデータイプの場合は勿論1日使ったら捨てなければいけませんが、
マンスリータイプの場合は1ヶ月間使用することができます。

 

マンスリーやワンイヤーといった長期間連続使用可能なレンズは、
勿論使用したあと、洗浄・消毒・保存といったレンズケアを正しく行うことによって、
1ヶ月なら1ヶ月、1年なら1年、使用期限いっぱい安全に使用することができます。
ただし、これは使用期限。使用期限はワンデーなら一日、
マンスリーなら30日間、というふうになっていますが、それは保存期間ではありません。
なので、例えばワンデータイプを一箱買って、
30枚入っていたとして、その保存期間が30日間というわけではありません。

 

カラコンの保存期限は大体は2年前後のようです。
つまり未使用品のカラコンは、開封さえしなければ、
2年間は保存が可能が可能、と考えておけばよいでしょう。
ちなみに保存するときは必ず冷暗所に保存しましょう。
もし例えば温度の高いところや、
直射日光のよくあたる場所に置きっぱなしにしてしまったら、
レンズが変形したり、劣化したりするのを早めてしまいます。
なので、冷暗所で保存するのが未開封の未使用レンズを保存するのには適しています。
ただし、これは未開封の状態です。一度でも少し入れ物を開けてしまったら、
二年間保存期間があったとしても、長期間空けて使用するのは危険です。
というのも、雑菌が入ってしまうことがあるからです。
カラコンを使用して、普通にしていても、
レンズに汚れは付着しています。
目に見えないゴミや雑菌が空気中にはウヨウヨしているので、
それをレンズにまったくつけないようにする、
というのは逆に難しい、というもの。

 

なので、少しでも未使用品に空気が入ってしまうと、
汚れがレンズについてしまう恐れがあるので、
長期間未使用品を保存したい場合は、
誤って梱包を開けないように注意しましょう。
何はともあれ、未開封の状態のものであれば、2年間は保存が可能なので、
カラコンをよく使用する方は、インターネットなどでまとめ買いするとお得かもしれませんね。
使用期限と保存可能期間。
カラコンを使用する方なら是非自分の使用しているカラコンの期限をチェックしておきましょう!